このサイトは多くの人が毎年受験しているFP技能士等の情報を紹介しています。
ファイナンシャルプランナーに関連する資格試験の種類はかなり沢山あるので、それぞれの特徴を紹介しながら、高校生や大学生でも学習することが出来る方法なども掲載しています。
詳しくファイナンシャルプランナーの事を知ることでモチベーションを上げることが出来、学生が効率的に学習する方法なども知ってもらえるので勉強をやる気になってもらえることでしょう。

FP資格とは?

FP資格とは? FP資格は、保険や年金、資産運用などの専門家となることが出来る国家資格であり、いろいろな分野でこのFPを活かすことが出来るので、毎年たくさんの人が受験をしています。
出題される範囲は幅広いものとなっており、不動産や年金や保険等の分野から出題があるので、学習しなければいけない範囲はかなり広いものとなっています。
受験することが出来る条件は試験の種類によって異なっていますが、基礎的なFP資格であれば、だれでも受験をすることが出来るので、就職活動前の大学生や専門学生でも取得して就職活動に活かすことが出来ます。
また、就職する前にファイナンシャルプランナーとしての基礎的な知識を身に付けていくことが出来るので、仕事やプライベートで役立てることができるでしょう。

FP協会認定資格者は常にスキルを磨いています

FP協会認定資格者は常にスキルを磨いています ファイナンシャルプランナーと一口にいっても実はその資格にはいくつか種類があります。
まず国家資格であるFP技能士というのがあり、これは3級から1級まであります。
もう一つ民間の資格でFP協会が認定するCFPとAFPというものが存在し、前者はだいたい国家資格である技能士の1級に相当し、後者は技能士の2級に該当します。
ファイナンシャルプランナーの資格を取得したいけど、どちらを取ったらいいのか迷うという場合は、とりあえず国家資格である技能士を目指すといいかもしれません。
国家資格の方は試験に合格すれば有効期限はなく一生保有できる資格です。
一方の民間資格の場合は有効期限があり、資格を更新するためには色々と研修を受けたりする必要があるのです。
とりあえず履歴書に記載できる資格を取りたいというのなら技能士の方を取っておいた方が面倒がありません。
一方、ファイナンシャルプランナーにライフプランの相談をしたい場合は、AFPなどに相談した方がいいかもしれません。
この方たちは、資格の更新制度があるおかけで常に最新の知識を吸収し続けているのです。
定期的に送られてくる会報や、継続して行われる研修に参加して知識・スキルを磨き続けているので、ファイナンシャルプランナーとしての信頼度が高いのです。

FP関連情報

FP