FPの難易度

FPの難易度 FP・ファイナンシャルプランナーの試験には級があります。3級の難易度は入門者レベルの優しいもので、学科試験の合格率は50%から70%です。FP2級は実務に欠かすことができない知識を問われる技能試検定で、学科試験と実務試験2つで決まります。学科試験は基本的な知識を問う基本問題で、実技試験はFPの知識を使った事例形式の問題です。3級よりは難しいですが、他の国家試験に比べればそんなに難しいものではなく、合格率は35パーセント前後になっています。受験者は社会人や学生、主婦等と幅広くいます。
FP検定は受験者の数により、合格の基準が変わるということはありません。学科は60点満点で36点以上が合格で、実技は100点満点で60店以上が合格ということに決まっています。試験の出題のされ方については、受験者を惑わすような引っ掛け問題のような出し方はしませんので安心です。だから真面目に学習を繰り返して行うことで確実に合格の道が開けます。

FPには1~3の等級がありライフプランに必要な知識を習得できます

FPには1~3の等級がありライフプランに必要な知識を習得できます FPに興味をお持ちの方がいらっしゃるでしょう。国家資格にあたるFPには、1~3の等級があります。試験内容は幅広い分野から出題されています。
たとえば、社会保障制度や年金に税金であったり、不動産や金融に資産運用等に関する問題に答えなければなりません。個人のライフプラン作成に役立つ知識が習得できますし、特に金融関係業務や個人で事業を行っている方には身につけておきたい知識となります。FP3はこれらの分野で基礎として知っておかなければならない内容になり、2から1へと進むほど基礎をしっかりと把握しさらに深い知識が必要で、理解していないと解けない問題になっています。
厚生労働大臣から指定された機関が国家資格のFPの試験を実施しており、1年間に3回行われている資格です。自身のライフプランを考えるためにとても役に立つ資格で、他の人にもアドバイスをすることができます。学科と実技の試験に挑戦されてはいかがでしょうか。