高校生でも資格は取得できる?

高校生でも資格は取得できる? FP試験は基本的に誰でも受験資格がありますので、高校生であっても受験することができます。
特にエントリーレベルと呼ばれるFP3級であれば合格率が高いですので、高校生が受験したとしても合格する可能性は高いです。
大人になったらお金の知識が必要になるにもかかわらず、そういう知識がないまま生活しているのは決して好ましいことではありません。
それならば、まだまだ時間がある学生のうちにお金の勉強をするのはいいことではないでしょうか。
学生のうちにお金の勉強をするとはいってもそのきっかけが無ければ難しいです。
そのきっかけとなるのがFP試験で、試験の合格を目指して学習してみるというのは悪いことではないです。
お金のことについて実感できないので難しいかもしれませんが、大人になった時にその知識を活かすという意味で頑張ってもらうといいでしょう。
勉強をする過程で興味を持ったのであれば、さらに大学などで深く勉強することができます。

FPはどんな就職先があるの?仕事内容は?

FPはどんな就職先があるの?仕事内容は? FPの資格を取得し就職する場合、資格を活かしやすい業界と、あまり活かせない業界があります。
資格を最も活かせる分野は、金融系の職場といえます。
顧客の資産や仕事、家族構成やライフプランに合わせてよりよい運用方法の提案などができるため、銀行や保険に証券会社などで必要とされやすいといえます。
上級の資格を所持していれば、さらに有利になるでしょう。
銀行であれば、顧客に合わせた資産運用について助言したり、住宅ローンの相談や金融商品を紹介するなどの業務を行います。
保険会社では、家族構成などから判断してどのような保険が適しているかを提案したり、法人であればリスクを考慮した保険の提案を行うのが主な業務です。
証券会社では顧客の資産運用のサポートにコンサルティング、金融や市場調査などを行ったうえで金融商品の開発などをすることがあります。
また不動産業界でも、住宅ローンや資産運用についてFPの知識を活かすことができるのではないでしょうか。